アグラビティボーイズの作者は中村あつし!過去作品や口コミも(12月9日発売)
Pocket

こんにちは!ぽちすけ(@pochisuke_0505)です。

12月9日は週刊少年ジャンプの発売日でした。

新連載『AGURAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)』が面白いと話題になっています。

作者のマンガ家中村充志(なかむらあつし)さんについてまとめました。

スポンサーリンク

ギャグ漫画AGURAVITY BOYS(アグラビティボーイズ)が面白い

12月9日発売のジャンプ(2号)に掲載された新連載アグラビティボーイズが面白いとツイッターで話題となっていました。


評価が高いですね。

ギャグマンガなら気楽に読めそうです。

元は『ジェナダイバージョン3to1』?

今回の新連載『アグラビティボーイズ』ですが、『ジェナダイバージョン3to1』というタイトルで、以前『ジャンプ+』で読み切り投稿されていたそうですよ。

無料で読めますので、こちらからどうぞ!

スポンサーリンク

ジャンプ新連載アグラビティボーイズの作者は中村充志

アグラビティボーイズの作者は、中村充志さんです。

中村さんについて、調べましたが、情報があまりありませんでした。

とりあえず分かっていることをまとめました。

中村充志のプロフィール
名前:中村充志(なかむらあつし)
性別:男性
デビュー:2009年
Twitter:@nesuseijin

さらに、中村さんのTwitterから、清水エスパルスが大好きということが分かりました。

もしかして、静岡県出身かもしれませんね。

中村充志の代表作は『クロクロク』

中村さんは、作品『代打中島』『赤マルジャンプ』に掲載されたことによって2009年にマンガ家デビューします。

その後、『マトリトワーク』『少年ジャンプNEXT!』に2012年に掲載。

2013年には、代表作『クロクロク』『週刊少年ジャンプ』に連載開始。

35号から52号まで掲載されることになりました。

今のことろ、ジャンプで連載していたので、代表作は『クロクロク』ということになりますね。

スポンサーリンク

『クロクロク』の口コミ

2013年からジャンプで連載されていた『クロクロク』ですが、口コミはどうだったのでしょうか?


評価高いですね。

なぜ連載が終了してしまったのかは、分かりませんが、本も3巻まで出ているようですね。

興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

今日は、ジャンプの新連載『アグラビティボーイズ』や作者の中村充志さんについてまとめました。

中村さんの作品は『クロクロク』も評判が良かったので、新連載も楽しみですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事