『あさイチ』福島発言で炎上!大草直子って誰?発言内容と経歴や家族も調査!
スポンサーリンク
Pocket


こんにちは!ぽちすけ(@pochisuke_0505)です。

10月4日『あさイチ』プレミアムトークに、スタイリストの大草直子さんが出演されました。

その中で、大草さんの福島県に関する発言が批判されているようです。

今日は、大草さんの『あさイチ』での発言内容や、経歴、家族構成なども調査してみました。

スポンサーリンク

『あさイチ』福島発言で炎上!大草直子の発言内容とは?

『あさイチ』での大草さんの発言は、
福島の公園は土壌が汚染されて子供たちが遊べないので、私が主催するフリーマーケットの売り上げを寄付し、汚染された土を入れ替える運動をしている』という内容でした。

これに対して、


批判されていますね。

福島で暮らしている方、風評被害に苦しんでいる方からしたら、違和感のある発言でしたね。

さらに、そういった発言に対して『謝罪』が無かったことが、批判を加速させているようです。

折角チャリティーをしているというメリットを伝えたかったのに、批判されてしまうなんて!

ご本人もパニックになったのかもしれませんが、

大草さんは、きちんと謝罪をするべきだったと私は思います!

スポンサーリンク

『あさイチ』福島発言で炎上!大草直子の経歴は?

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -

大草直子のプロフィール
本名:大草直子(おおくさなおこ)
生年月日:1972年(47歳)
出身地:東京都
血液型:B型
出身校:立教大学
趣味:サルサダンス

大草さんは、大学卒業後、『婦人画報社』に就職しますが、27歳の時に退職

退職したのは、『サルサ』にハマり、サルサの本場である中南米に渡米し生活するためだったそうです。約半年ほど、海外で暮らされたようですよ。

帰国後は、スタイリストとして、『VERY』『Oggi』などの有名雑誌に携わるだけでなく、執筆活動やエディターとしてもお仕事されていました。

そして、2015年WEBマガジン『mi-mollet』の編集長に就任

多くの女性から支持を得るスタイリストさんです。

スポンサーリンク

『あさイチ』福島発言で炎上!大草直子の家族は?

大草さんは、2度結婚していらっしゃいます。

そして、前の旦那さんとのお子さんが1人、今の旦那さんとのお子さんが2人いらっしゃいますね。

前の旦那さん

離婚した前の旦那さんとは、大学時代からから付き合っていて、約2年ほどの結婚生活でした。

そして、2000年に離婚しています。

一般の方なので、どういった方なのかは分かりませんでした。

今の旦那さん

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


今の旦那さんは、6歳年上のベネズエラ人チャーリーさんだそうです。

出会いは、沖縄のサルサバーだったそうで、運命的ですね。

チャーリーさんは、大草さんのお仕事もよく理解されていて、次女が誕生した際は、2年ほど専業主夫をされていたようです。

素晴らしいサポートですね!

長女日南子さん

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


2000年生まれの長女日南子さんです。

現在は、大学生のようですね。ネットでは、上智大学ではないかとの噂です。

長男リオくん

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


長男リオくんです。チャーリーさんとの初めてのお子さんですね。

フロリダに留学していたそうですが、現在は日本に住んでいるそうですね。

次女麻矢さん

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


次女麻矢さんです。現在は小学生。

チャーリーさんが、専業主夫で大草さんのお仕事をサポートしていた時のお子さんですね。

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


家族写真ですね!素敵なご家族です。

まとめ

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_officialさん(@naokookusa)がシェアした投稿 -


『あさイチ』に主演されていた、スタイリストの大草直子さんが、気になったので、色々調べてみました。

問題発言はともかく、スタイリストとして、母として、女性として、憧れる部分の多い方だなと思いました。

ファッションも参考にしたと思います!

スポンサーリンク
おすすめの記事