『バイキング』小木(おきやはぎ)のホームレス発言が炎上!発言内容&擁護派の意見も
Pocket


こんにちは!ぽちすけ(@pochisuke_0505)です。

記録的な大雨となった台風19号ですが、各地に甚大な被害をもたらしています。

今も断水や停電で、不便な生活をされている方がたくさんいらっしゃいます。

神奈川県山北町では、給水車に関する県の対応を巡って、神奈川県知事が批判されていますね。

各地に避難所が設けられていますが、その避難所の対応を巡っても問題が起きています。

10月16日の『バイキング』では、お笑いコンビおぎやはぎの小木さんの発言に批判が殺到しているようです。

小木さんは、いったいどういった発言をしたのでしょうか?

またそれに対する世間の反応をまとめました。

スポンサーリンク

おぎやはぎ小木がコメントをした避難所のニュースとは?

炎上した小木さんは、どのようなニュースにコメントしたのでしょうか?

これが、そのニュースです。

 東京都台東区の服部征夫区長は15日、区が台風19号で自主避難所に避難しようとした路上生活者(ホームレス)の利用を断ったことに「対応が不十分で避難できなかった方がおられたことについて、大変申し訳ありませんでした」との謝罪コメントを出した。
 台東区によると、台風が首都圏に近づいていた12日午前、区立忍岡小学校に相次いで避難しようとした男性3人に、職員が住所や名前を確認したところ、1人は北海道と答え、ほかの2人は「住所がない」と答えたため「区民が対象で、それ以外の人は受け入れない」として利用を断った。
 服部区長は「今回の事例を真摯に受け止める」としている。引用ーlivedoor newsよりー

台東区で自主避難しようとしていたホームレスの方が、台東区に住所が無いことから、受け入れを拒否されました。

そして、その対応を巡って、台東区の服部区長は、謝罪をしました。
このニュースに関しては、


主に批判する意見が多いです。

確かに、外国の方や旅行で行っていた方は台東区民ではありませんよね。

一方で、実際にホームレスの方と同じ避難所になっても、それはそれで苦情が出てきそうですよね。

ただでさえストレスのたまる避難生活です。少しでもストレスを無くして生活したい!と思うのは当然だと思います。

スポンサーリンク

台東区のホームレス問題に関する小木の発言内容

では、このニュースに対して、小木さんはどのような発言をしたのでしょうか?

実際の『バイキング』での発言を切り取ってみました。

小木の問題の発言
10月16日の『バイキング』では、このホームレス避難所問題の賛否を討論していました。

司会の坂上忍:『アンケートで反対なのは小木くんと矢作くんだけ』

矢作:『臭いとか嫌がる人のことを考えたら迷うけど別のとこでとか』

小木:『子どもがいたらやっぱりそういう人たちとは…』

小木:『何されるかわかんないし、怖い。ホームレスには来てほしくない』

小木:『ホームレスは普段屋根のない場所で生活してる。避難所に入れたら、それはアップグレードしてしまう』

これに対して、


批判の意見が多いです。

言いたいことは分かりますが、これはちょっと考えるべき発言でしたね。

意外と小木擁護派の意見も多い

批判が殺到した小木さんの発言ですが、調べてみると擁護派の意見も結構ありました。


確かに、実際にホームレスの方が、隣でなることになったらと考えると、きれいごとも言っていられないかもしれませんね。

とにかく、この問題は大きすぎて、坂上忍さんがおっしゃっていたように、区長の判断に任せるのは酷だったかもしれませんね。

もっと国の方で、対応できることはなかったのでしょうか?

日本は自然災害大国ですかから、今後のためにしっかりと対策して欲しいと思います。

まとめ

今回は小木さんの『バイキング』内での発言に注目してみました。

今回の小木さんの発言は確かに問題でしたね。

しかし、これをきっかけに、政府の方できちんと議論し、対策をして欲しいと思いました。

いつどこで災害が起きるかは分かりません。私もきちんと備えをしておきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事