『スッキリ』双子ベビーカー乗車拒否!抱っこひもやボランティアなど外出におすすめの方法
Pocket

こんにちは!ぽちすけ(@pochisuke_0505)です。

11月11日放送の『スッキリ』では、双子用のベビーカーを使用してバスに乗ろうとしたら乗車拒否をされた!という問題について取り上げていました。

一人の子育てでも大変だと思うときがあるのに、双子や三つ子のご家庭の大変さは想像ができません。

少子化が進む中、どのようにしたら子育てしやすい世の中になるのでしょうか?

今日は、双子育児の大変さを手助けする方法をまとめました。

スポンサーリンク

双子ベビーカー乗車拒否問題へ賛否

問題のニュースがこちらです。

 ベビーカーに双子を乗せた女性が名古屋市営バスの運転手から乗車を拒否されたとの声が寄せられ、市交通局は7日、不適切な対応がなかったかどうか、事実関係について調査を始めた。

乗車を拒否されたと話しているのは、1歳の双子の女児がいる名古屋市の女性(34)。

女性によると、10月下旬に横型のベビーカーに双子を乗せてバスに乗ろうとしたが、運転手から「ベビーカーを中まで運べますか」と聞かれた。双子を抱いてベビーカーを運ぶのは難しいため、常備されている車いす用スロープを使いたいと求めたが、運転手は応答しなかったという。女性は乗車をあきらめ、所用先の区役所まで片道約40分を歩いた。

市交通局によると、2013年10月から、大型バスでは横型の双子用ベビーカーに子どもを乗せたままでの乗車を認めている。中・小型バスではベビーカーから子どもを降ろして、折りたたんで乗るように求めている。また、ベビーカーでの乗降の際は乗務員も協力するとしている。交通局は寄せられた情報から運転手やバスを特定し、不適切な対応がなかったかどうかを調べる。(堀川勝元、保坂知晃)引用ーyahooニュースより

知りませんでしたが、ベビーカーもスロープを利用できるんですね。

バスの規模によっても変わるようなので、確かに乗客側では判断が付きません。

子ども連れで40分も歩くって大変すぎます。

賛同する意見


車がない家庭では、公共機関は唯一の移動手段ですから、気軽に利用できるように少しだけ周りも配慮して欲しいというのが本音ですね。

このお母さんも相当勇気を振り絞ってバスを利用したに違いありません。

それを断られたらもう絶望でしかないですよね。

批判的な意見


確かに双子用の横型ベビーカーってすごく幅があるんですよね。

混雑していたら邪魔になるという意見も分かります。

状況が分かりませんので、名古屋市交通局の正式な回答を待ちましょう。

スポンサーリンク

多胎家庭外出時におすすめの方法3選

車が無く、それでも外出しなければならない時のおすすめのグッズや方法をまとめました。

①縦型ベビーカー

ニュースになっていたのは、横型のベビーカーでした。

縦型のものは、横型の物よりはスリムで、場所を取りません。

畳む必要があるのは一緒ですが。

Newox双子ベビーカー

この製品のメリットは、前列と後列のシート高が違うので、後ろの赤ちゃんの顔もしっかりみえるところです。

日本育児 2人乗りベビーカーDUOシティHOP

こちらの製品は本当にコンパクトで、畳んだ時のサイズは1人用ベビーカーと大差ないそうですよ。

②双子用だっこひも

初めて知りましたが、双子用の抱っこひももありました。

ベビーカーを持ち込めない時やお母さんが両手を使いたいときは便利ですね。

TwinGo双子用ベビーキャリア


この抱っこひもは抱っことおんぶで使用するものです。

必要があれば、2つに分割できるそうなので、ママとパパで分けて使うこともできます。

Weego ツインベビーキャリア

この投稿をInstagramで見る

 

Weego Baby Carrier(@weego_babycarrier)がシェアした投稿 -


こちらの抱っこひもは、前に抱っこするタイプです。

生後すぐから使用できるのが良いですね。

気になる方は公式サイト

③ボランティアの利用

自治体によっては、多胎家庭へのボランティアをしているところもありました。


こちらは荒川区のボランティアですね。

三島市育児サポーター派遣事業の内容
・育児に関する相談
・授乳、離乳食の補助
・オムツ交換や着替え及び沐浴の補助
・通院や健診の際の付き添い など

静岡県三島市では、保育士が家庭を訪問し、無料でこれらのことをサポートしてもらえます。

多胎だけでなく、2歳未満の乳幼児が2人以上いる家庭が対象なので、年子でもOKですね。

詳しくは、三島市HP

このような事業は多くの自治体でやっているみたいですが、その認知度や、遠慮から利用していない家庭が多いのかもしれません。

産後のお母さんは忙しくて、きっとこのような情報を調べる暇もありません。

折角の素晴らしい事業ですから、自治体の方でも、SNSを利用しても良いでしょうし、もっと積極的に宣伝して欲しいと思います。

まとめ

今日は『スッキリ』での双子ベビーカー乗車拒否のニュースが気になったので、対策を色々まとめてみました。

多胎家庭は本当に大変だと思いますが、喜びも多いと思うので、ぜひ周りの方で助け合って欲しいですね。

私も見かけたら積極的に手伝おうと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事