ユーフォ―テーブルの脱税は鬼滅の刃映画に影響ある?アニメ2期は放送中止?
Pocket

こんにちは!ぽちすけ(@pochisuke_0505)です。

人気漫画『鬼滅の刃』などを手掛けているアニメ制作会社『Ufotable』(ユーフォーテーブル)が、約1億4000万円を脱税したというニュースがありました。


鬼滅の刃といえば、大ヒットマンガで、アニメも大人気で、グッズが出れば即完売!

2020年10月に公開を予定されていた映画を楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか?

実はこの映画の制作もユーフォーテーブルが担当していたのです。

今日はユーフォーテーブルの脱税が、鬼滅の刃の映画の公開や、アニメ2期に影響はないかどうか調べました。

ユーフォーテーブル脱税は鬼滅の刃映画『無限列車編』に影響(延期や中止)ある?

アニメ制作会社『Ufotable』(ユーフォーテーブル)が脱税をしていたという報道がありました。

10月公開の鬼滅の刃の映画『無限列車編』の公開には影響はないのでしょうか?


みなさん映画の公開に関して、気になっていますね。

公開延期ならまだしも、公開中止なんてことになったら、炎上騒ぎになる可能性もありますよね。

ユーフォーテーブルの公式Twitterにはこのようにあります。


国税局の指導に従って修正報告を行い、全額納税を済ませているということが分かりました。

今後の動向を見守りましょう。

スポンサーリンク

ユーフォーテーブル脱税で鬼滅の刃のアニメ2期は放送中止?

鬼滅の刃といえば、アニメも大人気で、2019年4月から9月にかけて放送されました。

原作マンガは完結しましたが、アニメはまだ完結していませんので、気になるのは続編の第2期についてですよね。

かなり多くのファン方がいらっしゃると思うので、第2期が放送されるならば、かなり話題になると思うのですが、今回の脱税事件はどのように影響してくるのでしょうか?


アニメ制作に関して、心配の声が多いですね。

鬼滅の刃はアニメからファンになったという方も多いと聞きます。

その理由の1つにユーフォーテーブルの作画の美しさがあるということです。

ファンとしては続編アニメは見たいけど、作画が変わってしまうのは嫌だという声もありましたね。

ほんと、作品に罪はないですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今日はアニメ制作会社ユーフォーテーブルの脱税事件が、鬼滅の刃の映画やアニメに影響があるのかということを調べました。

今のところ、鬼滅の刃の映画やアニメ2期について正式な発表はありませんので、続報を待ちたいと思います。

どうが無事に公開されますように!

おすすめの記事